SDGs

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

 内田司法書士事務所においても、SDGsに取り組んでおります。

内田司法書士事務所におけるSDGsへの取り組み

他の専門家と連携して様々なサポート(16,17)

 内田司法書士事務所においては、他の司法書士、税理士、弁護士、公認会計士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、宅建士等の様々な専門家と提携・グループを形成し、相続、遺言、空き家・空き地対策、消費者被害等複数の専門家が連携しないと解決できない案件に取り組んで、地域貢献できるよう努めています。

ゴミの削減、リサイクル(7,12,13)

 内田司法書士事務所においては、可能な限り事務用品等のゴミを減らすよう努めております。また可能な限り、再生紙を使用し、電子化を進め印刷物の削減するなど、環境に配慮した業務遂行に努めております。